ブログ weblog

2011.05.06

casa sole

原発も温暖化もない未来

東京電力福島第1原発の事故の後、

注目度が高まっている再生可能エネルギー。

 

日本では電力消費の1%強を

占めるにすぎませんが、ドイツや

デンマークでは既に15%以上を

供給する主力のエネルギー源なのです。

 

 

 

さらに、欧州を中心に、

2050年にはほぼすべての

エネルギーを再生可能エネルギーで

カバーし「原子力も地球温暖化もない未来」を

つくろうとの意欲的な戦略が

相次いで提案されています。

 

 

環境保護団体の世界自然保護基金(WWF)は「世界全体でも50年に100%の比率は、

既存の技術だけでほぼ実現できる」と主張していて、電力は風力発電や太陽光発電でまかない、

建物の空調や産業部門での熱需要などには太陽熱や地熱を活用。

 

 

運輸部門ではバイオ燃料やバイオガスを使うことで、50年には、世界のエネルギー消費の95%

以上を持続可能なエネルギーでカバー。結果、原発も化石燃料の利用も、ほとんどゼロにできると

の結果が得られたとのことです。

 

 

今回の震災で、だれもが、再生可能なエネルギーが良いと思っているはずです。

しかし、日本より世界の方が、再生可能エネルギーに注目しているのは、

なんとも情けない気さえしてしまいます。

 

 

本当は、原発の怖さを知っている日本が率先して、目指さなければいけないはずです。

 

何も国が動かなくても、自分たちで、できることがあります。

 

 

太陽光発電やエネルギーを消費しない家づくり。

ガソリンを消費しにくい車や電気自動車。

さらには、車を利用しない生活。

 

 

私たち一人一人が、行動するときの基準に、

エコを加えれば解決できることは、たくさんあります。

 

その積み重ねが、力となり、世論となります。

 

 

原発も温暖化もない未来・・・

目指せ!! 2050年 100%再生可能エネルギーの世界(^^)

 

 

一覧に戻る