casaの家造り casa

家づくりの流れを変えるだけで、もっと豊かな家づくりができる!
両者の違いはどこから生まれるのか。
その答えは、このページにある。

※『with casa』が考える“価値ある家”とは、人生において、家に対してムダな出費をさせない住宅です。

最初の一歩から家づくりのプロとタッグを組むべし!

家を建てたいと思ったときに、多くの人はまず土地を探すだろう。だが、実はここから、家づくりのボタンの掛け違いがはじまるといっても過言ではないのだ。

多くの人は、「これぐらいの広さかな……」と、ぼんやりとしたイメージを持って不動産屋を訪れる。しかし、ここで間違えてはいけないのは、不動産屋はたしかに土地探しのプロかもしれないが、家づくりのプロではない。家づくりを知らない人と、初めて家を建てようとしている人がタッグを組んで、うまくいくだろうか。最適な土地を探しあてるのは、奇跡に近いといっていいだろう。逆にいえば「住宅の専門家」の手を借りて、こういう家を建てたいという具体的なイメージを持っていれば、土地探しも家づくりも失敗しない。

そうした“最適な土地探し”をサポートするのが、「LAND casa」というサイト(http://www.landcasa.jp)。「住宅建築の専門家」の目を通して、土地情報をみなさんに提供するのが目的である。不動産会社、住宅建築の専門家はもちろん、設計事務所・測量士・司法書士・銀行・土地家屋調査士・税理士・ファイナンシャルプランナーなどあらゆる専門家がチームとなって、みなさんの「土地探し」のお手伝いをしているのだ。

任せるところはプロに任せるべし!

近年、「注文住宅」というスタイルの家づくりが人気を博しているようだが、「注文」といっても山のように積まれたカタログの中から、あれやこれやと選んでいるだけで、本来の「フルオーダー」の定義とはほど遠いのが現実だ。しかも、膨大なカタログの中から、本当に最適なものを選び出すのは、家づくりが初めての人にとっては、至難のワザといっていい。近頃、家を建てたという人に聞いてみるといい。きっと口を揃えて、「家を建てるのはたいへん!」と答えるはずだ。

一方、casa シリーズの家づくりは、サイズや大まかな仕様(間取りなど)を選ぶだけですむ。住宅建築の専門家、要するに家づくりのプロが熟慮の末に導き出した素材やスタイルが、厳選された形で提案されているのだ。

さらに、casa シリーズの家は値段が明確である。これは“いいもの”をどれだけ安く提供できるかという点に注力している結果だ。最初の見積りと最終の見積りが大幅に違うといった事態を引きおこさないのも、プロの仕事のうちだろう。

後悔しないために、将来の暮らしをイメージすべし!

左のイラストは土地探し、家づくりで間違いを犯すと、行く末はこうなるかもしれない! という、ある種の未来予想図だ。たとえば、不必要に広い土地を買っても、家を建てたあとに待っているのは、高い固定資産税と庭の草むしりくらいのものである。適正な土地を選ぶことによって、当初予定していた土地代よりも安くすむならば、その分インテリアにお金をかけてもいいし、ローンの期間を短くしてもいい。

もうひとつ、家というのは言ってみれば、生活するためのもっとも大きな道具だ。そして道具である以上、定期的なメンテナンスが必要になってくる。

casa シリーズの家は、メンテナンスまで考え、しかも光熱費がかからない家の仕様を追求している。これこそが、これからの価値ある住まいのあるべき姿なのである。